今回は無垢材フローリングへのフロアコーティング施工事例です。

一口に無垢材といっても多種多様なので、一概にどういう施工方法が最適かは現場状況により異なります。

なので通常のフローリング以上に事前調査が重要になってきます。

今回は

このようなフローリングでした。

完全な無塗装品ではなく、表面加工がされているタイプでした。

こういうタイプだと基本的には突板フローリングに準じた施工方法でいい場合が多いです。

ただ念のため建築業者様より事前にフローリングサンプルを取り寄せて担当者様ともしっかり打合せをし、もちろん現物でのサンプルテストも実施したうえでGコート【ガラスコーティング】での施工にて決定致しました。

お客様ももともとつや消しをお好みでしたのでGコートつや消しとなりました。

UVコーティングやシリコンコーティングだと基本的につや有りのみとなるため、事前テスト出来て本当に良かったです。

【施工前】

自然な雰囲気なのでこのまま活かしたいところです。

【施工後】

つやはほとんど上がらず、フローリング本来の質感・深みが増しました。

 

【施工前】

 

【施工後】

より高級感が増した感じです。

 

撥水テストもしてみましたが、施工前後では驚くほどの違いが出ました。

もちろんフロアコーティング施工後は抜群に水をはじきます。

お手入れも非常に楽になりそうです。

 

今回は建築会社様にもご協力いただいて事前確認がしっかりできました。

お互いに地元の企業だったのでそれも大きなポイントだったかと思います。

 

 

by 寺島