本日ご紹介するのは、入居して10年ほど経過したお住まいの施工例。

ご入居後、何度かワックスがけをやられていたそうですが…
塗り重ねれば塗り重ねるほど床が暗くなってしまい困っていたそうです。
それもそのはず、きちんとした剥離工程を踏まなければワックスに付着した汚れを段々と取り込んでいってしまい、床が暗くなっていってしまうのです。(剥離作業というのはとても難しい作業で一般の方がやるのは…)

早速現状の確認に伺いました。下の写真をご覧下さい。

何度かワックスをかけられたということで艶は出ていますが、全体的にくすんでしまっていますね。
これではせっかくの明るいフローリングが台無しです。

そこで現在表面にあるワックスを剥離していきます。
(灰色の液体はワックスに入り込んだ汚れです。)

剥離完了です。これだけでお部屋の雰囲気が一気に明るくなりましたね!
これがこの床本来の明るさなのです。(お客様も大変驚いたご様子で…)

さて、仕上げにGコート(艶あり)を施工していきます。

いかがでしょうか?
まるで新築…というのも言い過ぎではないくらいきれいに仕上がりました。
施工直後の為ピカピカになっていますが、乾燥とともに落ち着いていきます。
このように築数年経過したお住まいでも非常にきれいな状態にする事ができます。
迷っている方は是非ご相談下さい。

by斉藤