本日は、名東区にてガラスコーティングを施工させていただいた例をご紹介致します。
今回のお客様はお住まいをご購入された時にはまだフロアコーティングは検討しておりませんでした。御施主様検査の時もまだご検討はされていません。

お引渡し当日、いざお部屋に入ってみると・・・

WAXの表面がもやもやっとしているのに気が付かれたそうです。(歩いたところはすぐに白く擦れてきます)
『見栄えが良くない』・『これではキズがすぐについてしまう』
そう思われたお客様はいろいろとお調べになり、弊社へお問い合わせいただきました。

フロアコーティングはWAXとは違い溶けたり、はがれたりということはおきません。今回のようにお引渡し直後で擦れによる表面の白濁もございません。

それでは、施工写真をご覧下さい。

【施工前】

【施工後】

※施工直後なのでピカピカとしていますが、乾燥後落ち着いていきます。

今回のお客様は落ち着いた艶で傷に強いものというご要望でしたのでガラスコーティングをご選択いただきました。艶については艶消しと艶有の中間、7分艶にてご依頼いただきました。

せっかくのご新居ですので、きれいな状態でお引越しされたいですよね。
フロアコーティングをご検討されるきっかけはお客様によって様々だと思います。

・知人の紹介
・お住まいの販売業者さんの紹介
・インターネットで目にして

今回のようにWAXでの実例を目にしてからのお問い合わせであったり、はたまたチラシ等をご覧になられてであったり理由やタイミングも様々。

引渡し直前だから・・・
引越しまで時間がないから・・・

等でお悩みならば是非弊社にお問い合わせ下さい。精一杯のご提案をさせていただきます。

by 酒井