名古屋市中川区にありますライオンズ名駅通ゲートライズでは、2021年3月の竣工から定期的にフロアコーティングのお問合せを頂いております。

このマンションのフローリングは突板フローリングという、床材表面に天然木を使用したタイプを使用しております。

近頃の床材は表面にプリントシートを使用したシートフローリングが主流で、特にマンションでの突板フローリングはとても珍しいと言っても過言ではありません。

突板フローリングは見た目がとても良いのが持ち味ですが、傷や汚れ、日焼けが目立ちやすいのが欠点です。

これらの問題を解決してくれるのがフロアコーティングなのです!

その中でも、せっかくの天然木の質感を損なわない艶の控え目なガラスコーティングがライオンズ名駅通ゲートライズの施工では一番人気となっております。

施工前

 

施工直後

施工直後でピカピカですが、今回はガラスコーティングの艶消し仕様ですので、元のフローリングに近いマットな仕上がりとなります。

12月の施工可能日もかなり少なくなっておりますので、年内にコーティングをして気持ちよく新年を迎えたいという方!お早目にお問合せくださいませ!!

 

by佐原